2010年12月06日

阿武隈川/江戸の恩は長崎で

阿武隈川
江戸の恩は長崎で

 御老公さん著の時代小説。
 江戸時代の拷問を描いた小説としては、最高傑作の一つであろう。
「阿武隈川」では笞打ちと石抱き、「江戸の恩は長崎で」では木馬責めの拷問シーンがあるが、そこに至るまでの物語もしっかり描かれており、結末もちゃんと落ちがついている点が素晴らしい。
 女囚拷問に興味のある方は、是非上記リンク先で読んでみて頂きたい。

「阿武隈川」

 盗品の運搬を請け負う娘お園は、仕事の不手際により追っ手に捕らわれる。
 評定所の牢で、荷を依頼した盗人の名を問われ、笞打ち、そして石抱きの拷問に掛けられた。
「お園、誰に頼まれて反物を運んだ? 申せ!」
 お園が答えずにいると、下男達が抱き石を思いきり揺すった。脛が切り刻まれたかと思うほどの強い痛みがお園の全身を貫いた。


    *

「江戸の恩は長崎で」

 糸屋の女房お春は、抜け荷の疑いを掛けられ、長崎奉行所に捕らわれる。
 いくら証拠を示されても、身に覚えのない罪を否認するお春は、木馬責めの拷問に掛けられた。
 中山の合図で、下男の一人がお春の右腰のあたりをつかんだ。そして、大きく前後に動かした。彼女の身体が左右にねじれた。いうまでもなく、恥骨と尾骨が、木馬の峰にゴリゴリと当たる。それによって、股間が燃えるように熱くなり、そこから脳天まで、大きな痛みが身体を貫いていく。


 ……私はこれまでに何十回、お園、お春になったことだろう。
 台詞を暗記してしまうほどである。
 お園になったつもりで石抱きを耐え、お春になったつもりで木馬責めを耐える。
 あとは、責め手のお役人様さえ居てくれれば……。
posted by 信乃 at 16:50| Comment(1) | 時代劇

2010年12月05日

堕姫

otome_p_.jpg

堕姫 リドルソフト 2006年

 内乱で滅んだ国の、お姫様/近衛隊の女剣士/+もう一人、が性奴隷としての調教を受けるファンタジー風アダルトゲーム。
 いわゆる拷問や、苦痛系の調教はこのゲームには無い。だが主人公の調教師は、拷問についてそれなりの知識や経験があるような描写がみられる。

 今回のターゲットは、近衛隊の女剣士フレイ。
 王家に忠誠を誓い、姫を護り、禁欲的な生活を送ってきた堅物だが、菓子で懐柔される可愛いらしさもある。

 シーンその1
 主人公はフレイに、責めに耐えれば姫に会わせてやるという賭けを持ちかける。心身ともに厳しく鍛えられてきたフレイは、どんな責め苦にも耐えてやるという気概を見せ、賭けに乗る。
 手足を鎖に繋がれ、仰向けで拘束されるフレイに、蝋燭責めが加えられる。溶けた蝋で乳首を焼かれ、臍の穴を埋められ、そして股間に垂らされる蝋の熱さをフレイは必死に耐えるが、やがて……。
「痛みには強いのだろう?」

fr1.jpg


 シーンその2
 三角木馬を見せられても、その使われ方を想像できないフレイ。
「まさか、それにまたがれとか、言わないよな」
 フレイは拷問される覚悟をするが、主人公はこれは拷問ではなく性戯のための道具だと言う。
 フレイは木馬に跨らされ、鋭角な背が股間に食い込む苦痛に呻く。
「や、やはり拷問、じゃ、ないか」
「拷問じゃないさ。拷問っていうのは、こうやるんだ」
 足首を引っ張られ、股間の痛みが一気に増す。フレイはかん高い声で啼いた。
「拷問するつもりならこんなヌルい責めはしないってことだ。もちろんそれがご希望なら応えるが」
 フレイは降ろしてくれと懇願する。
 だが、木馬の背に塗られた媚薬の効果があらわれると、痛みとは違う感覚が芽生える。
 さらに木馬を揺さぶられ、フレイは股間に加えられる苦痛と快楽に翻弄された。
 口から泡を吹き、最後は失神するほどの激しい責めだが、主人公としては拷問ではなく、あくまで性戯なのだという。

fr2.jpg

 私がフレイならば、「やってみるがいい、私はこんな拷問には屈しない」と強がり、主人公を挑発するだろう。
 足首に重りを吊られ、花弁から菊座にかけて血まみれになるほど苛烈な責めを受け……
 耐えきれずに許しを請うても、「お前が望んだ拷問だろう?」とあしらわれ、身体と精神が壊れるまで責め抜かれるだろう。


 おまけシーン
「テストだ。口だけで俺をいかせてみろ」
「な、なぜ私がそんなことをしなきゃならん! お前が自分で勝手にすればいいだろうが!」
「…なんだ、やる前からギブアップか? それとももっとキツい調教がお望みか?」
 指で三角形を作ってやると、さっとフレイの顔色が変わった。
 これだけで伝わるということは――。
 性具としての木馬ではなく、拷問器具として知っているのかもしれない。

 はい。「もっとキツい調教」をお望みです。
posted by 信乃 at 05:05| Comment(0) | ゲーム・女