2019年04月11日

女奴隷剣闘士オクシエル

『 女奴隷剣闘士オクシエル 』〜淫獄の肉処刑〜
遠山かのん
https://novel18.syosetu.com/n7673fa/

 敵国との戦いに敗れ、捕らわれた女騎士オクシエルは、奴隷剣闘士に仕立てられるため、執拗な性的調教を受けていた。
 まずは小手調べとばかりに、三角木馬の上で鞭打たれ、性感帯を筆先で責められるシーンがある。苦痛と快楽の狭間で、絶頂することも許されず、失禁にまで追い込まれるのだった。

「さぁてまずは答えてもらおうか。サグターン共和国の確保している補給線とその補給部隊の編成だ。」
 ワポーは手にとった黒革の鞭をオクシエルの鼻先につきつけ尋問を始めた。
「知らない!知っていても教えるか!誇り高き騎兵の魂にかけ、私はおまえになど屈しない!」
 オクシエルが予想通りの応えをした。
「威勢のいいことだな。だがこれはどうだ!?」
 ヒュンッ!パッシィーン!!ヒュワッ!!パァァァァン!革の鞭が、緊縛された美女の身体を容赦なく鞭打つ。木馬を挟んで耐え忍んでいた太ももと尻に、無残な鞭痕がニ本三本と刻みつけられていく。


 その後も、精神と肉体の限界まで責められ、騎士としての矜持を剥ぎ取られてゆく。
 だが彼女は、オークたちに散々陵辱され、ゴブリンの玩具にされ、鞭で感じる身体に堕とされても、「クッ殺せ」とは決して言わない精神の強さがあった。
 そんなオクシエルの過酷な物語は、現在連載中。
posted by 信乃 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・女

2019年04月09日

偽りの殉難

『 偽りの殉難 』
濠門長恭
https://www.amazon.co.jp/dp/B07532X1D4
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ199598.html

 切支丹として捕らわれ、笞打ち、石抱き、駿河問い、木馬責め、逆さ釣り、水責め、針責めの拷問を受けても棄教しない少女、香世の苦悶が描かれている。
 彼女は木馬責めで悶絶する寸前、神ではなく母に助けを求めるのだった。
「本当の」切支丹ではない、彼女の思惑とは……。

 後半も過酷な境遇が続くが、バッドエンドではないので、安心して読める。
posted by 信乃 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

女囚双虐

『 女囚双虐 』
濠門長恭
https://www.amazon.co.jp/dp/B07J6H7FGC
https://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ233625.html

 牢役人たちの不正を暴くため、町奉行の養女雪江は盗みの芝居を打ち、女牢に潜入する。
 だが彼女は余罪を追求され、乳房や股間への笞打ち、石抱き、海老責め、逆さ吊りの拷問に掛けられるのだった。
 そして、駿河問いや木馬責めの拷問に掛けられていた、同房の少女チヅ。
 牢内では二人が絡み合いを強要され、乳首と乳首、淫核と淫核を擦り合わせ、あるいはお互いに秘所を舐め合い、女囚同士の淫戯にのめり込んでいく……。

 結末は、甘々なハッピーエンド。
posted by 信乃 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 時代劇

少女騎士尋問

『 少女騎士尋問 』
beeぼん(改besi)
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64033917

「お前たちの姫君は、どこへ逃げたのだ?」
 他国の奇襲を受け、捕らえられた二人の少女騎士が受ける、苛烈な拷問。
 以下のシーンを描いたイラスト集。

・全裸で受ける辱め。
・鉄枷を填められ、前屈を強いられる海老責め。
・三角木馬に乗せられて、木馬の背に腰を押しつけ。
・二人背中合わせで受ける、鞭打ち。
・股間に突起が食い込む、磔。
・十字に張り付けられて受ける電撃責め。
・首手枷を填められて、口唇を陵辱。
・菊穴に異物を挿入。

64033917_p9_master1200.jpg

 数多の責めを受け、涙を搾り取られる二人の少女騎士。
 ……ちなみに私は、大きなリボンを付けた金髪の娘のほうが好みです。
posted by 信乃 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・女

女囚永代吟味

『 女囚永代吟味 』
濠門長恭
https://www.amazon.co.jp/dp/B07NJM8DRP
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ245926.html

 多額な公金を横領して姿をくらませた小早川忠茂の妻、民江。夫の逃げた先を、また金の在処を問われて苛烈な拷問に掛けられるが、知らないものは白状のしようもなかった。
 吟味をおこなうのは、かつて縁談を断った男であり、意趣返しとばかりに民江を責め、犯すのであった。
 拷問は、笞打ち、海老責め、縄鞭、石抱き、片脚逆さ吊り、水責め、木馬責め、駿河問い、針責め、乳房吊りと多岐にわたる。
 木馬に乗せられた上で、脇の下や乳首、陰核を筆先でくすぐられるシーンがある。快感に身をよじれば、股間に大変な苦痛を受けるという、狂ってしまいそうな責めであろう。

 また、脇役のキヨというキャラクターは、民江の木馬責めを見せつけられ、「おまえも乗ってみたいか?」と問われる。敲き責めと海老責め、さらに石抱き責め、釣り責めを耐え抜いたら、木馬責めに掛けてやろうという。キヨは、こんな責めを受けるくらいならば処刑されたほうがマシと怯えるが……私だったら、木馬責めを受けるためならば、どのような苦痛にも耐えるだろう。
posted by 信乃 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇