2019年04月11日

女奴隷剣闘士オクシエル

『 女奴隷剣闘士オクシエル 』〜淫獄の肉処刑〜
遠山かのん
https://novel18.syosetu.com/n7673fa/

 敵国との戦いに敗れ、捕らわれた女騎士オクシエルは、奴隷剣闘士に仕立てられるため、執拗な性的調教を受けていた。
 まずは小手調べとばかりに、三角木馬の上で鞭打たれ、性感帯を筆先で責められるシーンがある。苦痛と快楽の狭間で、絶頂することも許されず、失禁にまで追い込まれるのだった。

「さぁてまずは答えてもらおうか。サグターン共和国の確保している補給線とその補給部隊の編成だ。」
 ワポーは手にとった黒革の鞭をオクシエルの鼻先につきつけ尋問を始めた。
「知らない!知っていても教えるか!誇り高き騎兵の魂にかけ、私はおまえになど屈しない!」
 オクシエルが予想通りの応えをした。
「威勢のいいことだな。だがこれはどうだ!?」
 ヒュンッ!パッシィーン!!ヒュワッ!!パァァァァン!革の鞭が、緊縛された美女の身体を容赦なく鞭打つ。木馬を挟んで耐え忍んでいた太ももと尻に、無残な鞭痕がニ本三本と刻みつけられていく。


 その後も、精神と肉体の限界まで責められ、騎士としての矜持を剥ぎ取られてゆく。
 だが彼女は、オークたちに散々陵辱され、ゴブリンの玩具にされ、鞭で感じる身体に堕とされても、「クッ殺せ」とは決して言わない精神の強さがあった。
 そんなオクシエルの過酷な物語は、現在連載中。
posted by 信乃 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説・女
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185844399

この記事へのトラックバック

『みだれうち』のあらすじはこちら!
Excerpt: サイクロン(冷泉)さんの『みだれうち』には、ウブな巨乳女子高生が登場。 彼氏持ちのウブな巨乳女子高生が、後輩女子の説得に向かったところ。 まったく心には届かずに、逆にレイプされてしまうという・・・! ..
Weblog: みだれうち【エロ漫画】の無料試し読みはこちら!
Tracked: 2019-07-16 23:55