2010年08月28日

大江戸捜査網 487話

大江戸捜査網 487話
「罠に落ちた女ねずみ」

 かつて、女義賊ともてはやされた、小鼠のお駒。
 北町奉行所に捕らえられるが、お上の密命を果たし、二度と盗みをしないことを条件に解き放される。
 それから五年。お駒を騙る盗賊が現れ、大店を襲った。濡れ衣を着せられたお駒は捕らわれ、牢内で命を狙われる。
 五年前にお駒を解き放した北町奉行の石河は責を問われ、お駒の無実を証明できなければ詰め腹を切らされる。奉行を陥れる為の奸計がうごめいていた……。

okoma.jpg

 五年前の回想シーン。
 仲間の居場所を問われて、石抱きの拷問に掛けられるお駒。
「しぶとい女だ。仲間がおったことくらいわかっておる! 吐かねば、いま一枚石を抱かせるぞ。吐け!」
 わずか20秒たらずだが、史実通りの十露盤板に重石が三枚、囚衣を着せられ泣き柱に縛りつけられた上体、と美しい描写がお気に入りのシーン。

 黒色の忍び装束もよく似合う女義賊、小鼠のお駒。
 石抱きの拷問を耐え抜き、お上の密命を果たし、奉行の情けで赦免。そして恩人に報いる為に命を張る。なんて格好良い生き様だろう。

 ちなみにこの回には、養女のおしまが捕らえられ、お駒の居場所を問われて激しく笞打たれるシーンもある。
 併せてお楽しみあれ。
posted by 信乃 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇

2010年07月16日

女囚拷問責め

ナックジャパン製作 1997年
別タイトル「日本女刑罰史」東京計画製作 1995年

 不思議な設定、ファンタジックなストーリーや稚拙な演技は目に付くものの、ちゃんとした「作品」を作ろうという意欲が感じられる時代劇。

 油問屋加賀屋の娘お菊は、店の奉公人竹造との結婚を控えていた。だが二人の仲に嫉妬した佐吉は、竹造を罠に嵌めて店から追い出してしまう。竹造は刑場の処刑人に身を落としていたが、ある日夫・佐吉殺しの罪で処刑されることになったお菊と対面する。
 磔刑の寸前、竹造はお菊を連れて刑場から逃走する。だが追っ手から逃れることはできず、お菊は再び捕らわれる。そして、竹造の居場所を問われて、激しい拷問に掛けられるのだった。

jg1a.jpg

 お菊は石抱きの拷問を受けていた。膝の上には重石が一枚乗せられ、背中を竹笞で何度も打たれる。
「竹造はどこだ!」
 口を割らないお菊に、二枚目の石が積み上げられる。二人の下男が重石に手を掛けて激しく揺さぶった。臑が砕けるような激痛であった。さらに背中には容赦なく笞が飛ぶ。
「ええい、手ぬるいぞ!」
 役人が重石に足を掛けて体重を加えられると、お菊はかん高い悲鳴をあげた。

 見た目も派手な石抱きシーンである。
 女囚系のアダルト作品では決して見られない厳しい責めであるが、もう少しカメラワークに凝って欲しかったとは思う。
 お菊はこの後、海老責め状態で笞打たれ、役人に犯され、下男に輪姦され、吊り責めで放置される。

 公式の拷問ではおこなわれなかったとされる、石を抱かされた上での笞打ち。
 こんな激しい責めに掛けられるお菊さんが羨ましい!
 お菊の気分に少しでも近づきたくて、私は囚衣を着て自縛し、算盤板の上に正座し、重石を膝の上に乗せて石抱きゴッコをする。
 この石抱きシーンのビデオをエンドレスで再生しながら、画面の中のお菊にシンクロする。石を揺さぶられるシーンでは、自ら石を揺らして苦痛を味わうのだ。

jg1p.jpg
posted by 信乃 at 08:26| Comment(0) | 時代劇

2010年07月07日

伊賀の影丸

kage7.jpg

 横山光輝 秋田書店

 主人公・影丸は、伊賀流の忍者であり、江戸幕府の隠密を務める。
 元締・服部半蔵の指令の下、仲間たちと様々な任地へ赴き、敵方の忍者と戦いを繰り広げる。

 お楽しみ拷問シーンがあるのは「地獄谷金山の巻」。
 甲府の地で隠し金山の在処をさぐっていた影丸たちは、正体不明の忍びたちから執拗な妨害を受けていた。
 仲間とはぐれ、単身捜査をおこなっていた影丸は、川を下っているところを敵に包囲される。水中戦を得意とする忍者に川の中へ引き込まれるが、息の切れる間際に捨て身の戦法で敵を倒す。
 しかし気を失った影丸は、敵の手に捕らえられてしまう。
 目が覚めた影丸を尋問する敵の首領。だが忍びが簡単に口を割るわけもなく、質問に対して質問を返す有様。笞で打たれても不敵な笑みを浮かべる影丸に、責めはエスカレートしてゆく。
 笞が折れるほど打たれた後は、逆さ吊りにされて水桶に漬けられる。水責めで失神しても、小突かれて意識を取り戻すと、再び責めが始められる。

kage208.jpg  kage211.jpg

 何を隠そう、影丸は初恋の人だ。
 恋愛の対象ではない。「このキャラクターになりたい」と初めて本気で思ったのが、影丸だということだ。
 同時に「敵に捕まって責められるが必死に耐える」という状況に萌えるようになったのも、この作品がきっかけだ。
 影丸になって拷問されたい!という夢想を抱いた当時小学生の私は、自縛した上での逆さ吊りに挑戦したり、洗面器に顔を突っ込んで水責めに耐えるゴッコをしたり。それはまさに、私の趣味の原点となる体験だった。
 ちなみに、このマンガは姉から借りて読んでいたのだが、影丸拷問シーンのページには隠しようもないほど強い折り目がついてしまったので、姉は私の趣味に勘づいていたのではないかと思う……。

「伊賀の影丸」の拷問シーンで開眼した人は、私以外にもいらっしゃるようで、検索すると出るわ出るわ。
 中島梓の「美少年学入門」などでも取り上げられているが、こちらは影丸の同僚・村雨源太郎君の拷問シーンについて、熱く熱く語っている。
「弟が拷問されている様を、外で聞かされている兄」という、なかなかエロいシチュエーション。

kage029.jpg
posted by 信乃 at 00:26| Comment(0) | マンガ・男

2010年07月06日

SF超次元伝説ラル

raru.jpg

 原案=計奈恵 著=倉田悠子 富士見文庫

 1980年代に発売されたアダルトアニメ「くりいむレモン」シリーズの3作目のノベライズ。
 異世界ファンタジー。

 物語の冒頭、魔王ラモー・ルーの襲撃によって捕らえられ、連れ去られた王女ユリア。
 王国に伝わる秘剣の在処を問われて拷問される。というありきたりな展開。
 アニメ版では、鞭で二、三回叩かれるだけの淡泊な描写であったが、小説版ではとても長く、ネチネチと書き込まれている。

 まずは、捕らえられた日。ラモー・ルーの腹心ドロスの手によってひとしきり鞭打たれた後、鞭の柄で秘所を犯される。
「固い鞭の柄は容赦なくユリアの襞の奥深くを何度もえぐる。ユリアは、そのたびに激しく体をよじりながら細い悲鳴をあげた」
 アニメ版には無いシーンだが、このシーンを追加して再アニメ化して頂きたい!

 数日後、昼夜とない拷問で傷付いたユリア王女を、執拗にいたぶるドロス。
「容赦なくドロスの鞭はユリアの秘丘の、小さな芽を狙っていた。そこを打たれて屈服しない女はいない」
 映像よりも文章のほうがエロい。
 この一文だけで逝けそうである。想像力万歳。

 ちなみに、アニメ版は18禁作品であったが、小説版はそのような規制が無いため、当時は中学生でも堂々と書店で購入することができたのである。
 9800円のビデオに対し、この文庫本は420円。コストパフォーマンスも抜群であった。
posted by 信乃 at 04:24| Comment(0) | 小説・女

2010年07月05日

ドラゴンナイト外伝

 ALL PRODUCTS製作 OVA作品 1995年
 原作はPCゲームであるが、ストーリー上の関係は無い。
「外伝」とあるが、アニメ版本編との関係も無く、単独で楽しめる。

 放浪の戦士ヤマトタケルは、スリを働いたために屈強な男たちに制裁を加えられている少年ジョディスの姿を街で見かけ、彼を救う。そのままタケルと宿で一夜を過ごすことになったジョディスだが、ひょんなことから女だったことが発覚、タケルが混乱するなか、突然現れた敵によって彼女は拉致されてしまう。
 実はジョディスが盗んだ財布の中に、性の秘薬が隠されており、性を貪る怪物レオナルドと裏で通じる悪の司教ルンターがそれを取り戻すよう手下に指令を下したのだ。ジョディスは秘薬のありかを吐くくよう拷問にかけられ、果てには性の餌食に…。ヤマトは彼女を救うべく敵地に乗り込み、壮絶な闘いを挑むのだった…!
 −−以上、パッケージの作品紹介より


「ええい、強情な娘だね!」
 シェイドは、壁に掛けられた乗馬鞭を手に取った。
「こいつなら、お嬢ちゃんのきれいな肌に傷はつけないから、安心おし」
 鞭を掌でもてあそびながら近づいてくるのを見て、ジョディスは震えが止まらなかった。
 そして、大きく振りかぶった鞭が、ジョディスの右乳房へ叩きつけられた。
「いやーーーっ!」
 生まれて初めて味わう激痛に、ジョディスは声の限りに叫んでいた。
 鞭跡が真っ赤に腫れ上がり、ジンジンした熱い痛みが後からやってくる。
 だが休む間も与えられず、再び鞭が振り下ろされ、左の乳房が踊った。
 続けざまに、十回の鞭を受けた。
 鞭先が乳首を捉えた時は、一際かん高い啼き声が上がった。

dke1.jpg

「おやあ、随分と敏感なお嬢ちゃんだねえ。あんまり早く気絶されたんじゃあ、面白くない」
 シェイドは舐めるような目つきで、汗にまみれたジョディスの身体を鑑賞した。
「今度は可愛いお尻を、温かくしてあげようね」
 背後に回ったシェイドに、尻を撫で回される。
 掌の感触が離れた次の瞬間、鋭く肌を打つ鞭の音が響き、再びジョディスは悲鳴を上げた。
 鞭の乱打は、二十回ほど続いただろうか。
 限界を超えた苦痛に、頭の中は真っ白になり、絶え間なく啼き続けた喉がひりひりと痛んだ。
 シェイドに顔を寄せられ唇を舐められても、抗う気力など残ってはいなかった。

dke2.jpg

 魔物の姐さん=シェイドがとても素敵。
 鞭により苦痛と、媚薬による快楽で女を堕とすのが趣味とのこと。
 ジョディスは、特に気に入られた模様。羨ましいなあ。
posted by 信乃 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・女

2010年07月04日

御用牙

 作=小池一夫 画=神田たけ志 スタジオ・シップ

 主人公の同心、板見半蔵は、時折自らを拷問だめしに掛ける。曰く、
「拷問をかける者こそかけられる罪人の苦痛を知ってあたりまえ! それでこそよりききめのある責めができるのではありませぬか」

 第30話「責める者耐える者」は、拷問がテーマ。
 殺しの疑いで捕らえられた、女形役者の文七。確固たる証拠もないまま、板見による激しい拷問で自白を強いられる。
・石抱き。六枚の重石を抱かされ、さらに板見の体重まで加えられる。
・駿河問い。背中に重石を乗せられ、身体を回される。
・海老責めの上、笞で打たれる。
・水責め。逆さに吊られて、笞打たれ、水桶に落とされる。
・踊り猫の拷問。熱した鉄板の上に、吊り降ろす責め。
・爪わかれの拷問。爪の間に釘を打ち込まれる。
 以上の責めが、27日間、60ページにもわたって描かれている。

 物語のオチは、ここでは書かないので、是非読んでみて頂きたい。
 私も半蔵様にすべてを委ねて、こんな拷問フルコースに掛けられるのが夢だ。
 できれば木馬責めも加えて……。

b7_1.jpg

b7_2.jpg

 おまけ画像。神田たけ志さんのスーパーテクニック。
 絵 =「御用牙 第9話 かみそり斬奸状」より
 写真=映画「徳川女刑罰史」「秘録おんな牢」より

hikaku2.jpg

hikaku1.jpg
posted by 信乃 at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 時代劇

2010年07月02日

続・秘録おんな牢

zor.jpg

 大映 安田公義監督 1968年

 1960年代に制作された、おんな牢シリーズのひとつ。
 ここで取り上げたのは秀逸な拷問シーンがあるからだが、その点を抜きにしてもシリーズ一番の良作であると思う。

 主人公お波は、父親から稼業を継ぎ、女だてらに人足頭を務めていた。
 だが、商売上の争いで人を傷つけ、小伝馬町牢屋敷へと送られる。
 おんな牢は、女囚同士の諍い、密告、脱獄、悪辣な牢役人、そして処刑。様々な穢れに満ちた世界だった。
 ある日お波は、脱獄を企んだ疑いを掛けられ、鍵役の竹内から詮議を受ける。
 拷問蔵の中、算盤板に座らされ、まさにこれから石を抱かされるという時、鍵役は牢奉行から呼び出しを受ける。残った二人の役人に鍵役は指示を下した。
「おい、音を上げるまで抱かせるんだ」
 だが、鍵役の姿が消えると、お波は口内に隠し持っていた金を差し出し、重石を膝上から降ろしてもらう。
 鍵役が戻ってくる気配を察すると、重石一枚を抱かせて取り繕う。だが鍵役は、二人の役人たちが買収され手加減していたことを見抜き、激昂する。
「三枚抱かせろ!」
 石が一枚増やされるたびに、「ううっ」と呻くお波。

51sec.jpg

 三枚目の重石が積み上げられると、鍵役は石に足を掛け、思い切り揺さぶった。
 お波の悲鳴が、拷問蔵に響き渡った。

oh2_3.JPG

 物語は前後するが、お波は以前にも拷問蔵で鍵役にいたぶられたことがある。
 因縁をつけて懲罰を加えようとする鍵役は、親切にも「お前の望みの責め道具を言いな」とお波に問う。
「どれがいいかと聞いているんだ!」と怒鳴られても口ごもっていたお波は、鍵役に陵辱されてしまう……。
 様々な責め道具が揃っているのに、実に勿体ない。
 私がお波だったら、「木馬責めの罰をお与えください」と即答したことだろう。

 お波を演じるのは大楠(安田)道代。彼女は後に「大江戸捜査網」150話でも、石抱きの拷問を受けている。お羨ましい。
posted by 信乃 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇

2010年07月01日

おんな牢秘抄

 フジテレビ 1983年放映
 ソフト化はされていないが、現在でもしばしばCSで見られる機会がある。

 江戸時代、小伝馬町牢屋敷のおんな牢を舞台にしたTV時代劇。
 牢内作法はきめ細かに描写され、随所に史料に基づいたこだわりが見られる。小道具の入牢證文までしっかり書かれていたりする。
 だが、さすがに牢は既存のセットを用いたもので、格子の形が史実と異なるのは残念。

 主人殺しを疑われ、無実の罪で牢へ入れられた、なお。
 過酷な牢内の環境と、迫る死罪への恐怖に怯える日々を送っていた。
 ある日、お目付衆の牢見回りの際、なおは再吟味を求めようと直訴を試みるが、話をすることすら許されなかった。牢の規律を乱し、牢役人の顔に泥を塗ったなおは、石抱きの拷問に掛けられる。
「何を言おうとした!」
 目付に何を訴えようとしたのか詰問されるが、この場で身の潔白を訴えても詮無きこと。
 膝の上には重石が二枚、三枚と重ねられてゆく。

oh1.jpg

 なお役を演じるのは、大場久美子。汗まみれで苦痛に悶える演技が素晴らしい。
 40秒ほどの映像だが、「石抱き」をこれほどしっかり描写した作品は他に類を見ない。
 ただ、史実に比べて算盤板の突起が多すぎる。ギザギザの多いほうが臑に食い込む力が分散され、ぬるい責めになってしまう。
 この算盤板なら、重石を三枚(130kg)抱かされても、耐えられるかもしれない?
 私も牢内で直訴を試みて、罰として石抱きに掛けられる女囚になりたい。


 本作には、もう一つ拷問シーンがある。
 政道を批判する浪人?永井大蔵を匿った罪で、永牢の刑に服する、萩村けい。
 永井の仲間らの名を問われ、拷問に掛けられる。

oh2.jpg

 笞打ちとしては、甚だ不正確な描写。
 牢内では乳房があらわになるシーンも見られたので、こちらも史実通り上半身裸で頑張って欲しかったもの。

 尊敬する師を庇い、気丈にも口を割らない怜悧な女囚、けい。学もあり、牢内で他の女囚たちにみせる気遣いも素敵だ。
 自らは永牢の刑が確定しているが、時折呼び出されて拷問される生活なんて羨ましい。仏門に入るのを条件に放免される話を断ってしまうほど、おんな牢が好きなのか?!
posted by 信乃 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時代劇

2010年06月30日

ミネルバの剣士

 ミネルバの剣士 邂逅の章
 ALL PRODUCTS製作 OVA作品

 ドリア王国のディアナ姫は、政略結婚を迫られていた。
 男装して城から逃げ出したディアナは、奴隷市場で売られていた少女フィナを行きずりで助け出し、町の外へと逃走する。だが二人は草原の遊牧民たちに捕らえられ、ディアナの男装もバレてしまう。ふたりは奴隷として、手練れ女たちから性的な調教を受けるのだった。

 そして夜になり、ディアナは酒宴の余興として鞭で打たれていた。
 全裸でやぐらに張り付けられたディアナに、大勢の男たちの視線が向けられる。
 遊牧民たちは、鞭打たれる度に悲鳴を上げるディアナの姿を、思うままに楽しんだ。
「さあもう一度言ってみろ、お前の名は?」
「ドリア王国、ランディスの娘、ディアナ……」
「まだ言うか!」

 ライリと呼ばれる男が振るう鞭は容赦なく、ディアナの胸を続けざまに襲った。
 急所を痛撃されて、息をすることもままならないディアナの意識が薄れ掛けた時、ようやく鞭が止んだ。
「さすが、ライリの鞭は見事なもんだ。抵抗しながらこの娘、感じてやがる」
 そして、男に股間をまさぐられるとそこは……。
 ディアナが鞭打たれて感じていたのは、苦痛だけではないようだった。

mn1.jpg

mn2.jpg


    *

 ミネルバの剣士 黎明の章

 遊牧民のキャンプで、幼なじみである先王の子ショウに助けられたディアナは、ショウの奴隷になる道を選んだ。
 だが、強国クプタの王子・デュナンの追跡隊にディアナはさらわれてしまう。
 城に連れ戻されたディアナ姫はデュナンの求愛を拒絶するが、デュナンは悪辣な手段で脅迫、ついに姫を籠絡させる。
「最初から素直でなかった罰を与えねばならぬな」

 寝台の支柱に手足を拘束されたディアナの背中に、鞭が振り下ろされる。
 続けざまの打擲で、背から尻にかけて縦横に鞭跡が刻まれ、ディアナはただ悲鳴を上げ続けた。
 ようやく鞭が止んだ頃には、ディアナの身体は汗にまみれていた。
 背中の鞭跡にデュナンの指が触れると、ディアナは自身の息づかいが荒くなるのを感じた。デュナンはそれを見て嗤う。
「お前は鞭の痛みで燃える身体なのだな」

mn3.jpg

mn4.jpg

 すっかり鞭の味を知ってしまったディアナ姫。
 遊牧民の鞭使いライリには胸から太股を打たれ、デュナン王子には背中や尻を打たれた。
 どちらの鞭がより刺激的だったか、私もディアナ姫になって体験してみたいな。

posted by 信乃 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・女

2010年06月29日

エルフィーナ

elf.jpg

エルフィーナ 〜淫夜へと売られた王国で…〜 (アイル)2002年

 大国ヴァルドランドの侵攻を受け制圧されたフィール公国。
 統治のためヴァルドランド本国より派遣されたヴァイス王子は、「生き残った男は、全てヴァルドランド本国に連行する」「残りの住民(つまり女)は全員、この街を訪れる者に対して、“奉仕”する義務を与える」という無茶苦茶な布令を出す。

 一見「お姫様やメイドさんを調教するゲーム」のように見えるが、実はしっかりしたシナリオのアドベンチャーゲーム。
 ここで注目すべきキャラクターは、ヴァイス王子に想いを寄せる、近衛隊の女騎士ナグロネ(ああネタバレ)。
 彼女はファンタジー系18禁ゲーム作品群の中で、最も気丈なキャラクターであろう。

 物語の後半、ナグロネが敵方に捕らわれて苛烈な拷問を受けるシーンがある。
 二本の張り形付き木馬に跨らされ、足に重りを吊され、全身に蝋燭を垂らされ、鞭打たれ、身体を揺さぶられ、さらに激しく鞭打たれ……。
 だがナグロネは決して屈服することなく、気を失うまで拷問者を「ブタ!」と罵り続ける。

Image2.jpg

 さらにこの後ナグロネは、触手生物に犯されて卵を孕まされ、兵士たちに輪姦され、射精された回数だけ肌に傷を刻まれ、磔で晒され、子供の産めない体にされるが、それでも矜持を保とうとする。
 選択ルートによっては、エンディングでナグロネの凛々しくも可愛い姿を見ることもできるだろう。

 私もナグロネさんになって、あんな責めを受けてみたいけど、まともに耐えられるのは木馬責めまでだろうな……。
posted by 信乃 at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム・女